Skip to content

トーマス・シャハル , LL.M.
産業保護権を専門とする弁護士。技術保護権の行使と保護に重点をおく。




Legal Training
フランクフルト・アム・マイン大学で法学を専攻。英国エクスター大学とドレスデン大学で国内外の特許・商標法のテーマで修士号を取得。
WRSTに参加以前はミュンヘンの弁理士事務所で5年間弁護士として
特許侵害、職務発明権、ライセンス契約、損害賠償を主に取り扱う。
産業保護権専門弁護士としての資格を持つ。

Intellectual Property Expertise
特許・実用新案・職務発明権に関わる訴訟やアドバイス、技術関連の不正競争権に関する分野に従事。
ドイツ国内での特許侵害訴訟を手掛る。戦略についてのアドバイスと、
特許・実用新案・職務発明権に関わる訴訟やアドバイス、技術関連の不正競争権に関する分野に従事。
ドイツ国内での特許侵害訴訟を手掛る。戦略についてのアドバイスと、
国際間で係争中の並行特許侵害訴訟や無効訴訟の調整を得意とする。
また保護権侵害による損害賠償請求権の行使に関するアドバイスや、
発明に関わる権利,ライセンスの交渉・立案、及び和解・秘密保持契約、
見本市関連における国境差し押さえ、及び措置の誘導を行う。

言語
ドイツ語、英語

Memberships
ドイツ産業保護・著作権協会(GRUR)
産業保護権専門家連盟(VPP)
知的財産保護国際連盟(AIPPI)
European Patent Lawyers Association (EPLAW)
Licensing Executives Society (LES)


Publications
• Case review: Higher Regional Court (Oberlandesgericht) Karlsruhe: Zum
Maßstab der summarischen Prüfung des Vollstreckungsschutzes im
Berufungsverfahren nach §§ 719, 707 ZPO, GRUR-Prax 2015, 23
• Case review, District Court (Landgericht) Düsseldorf:
Vorlage zum EuGH zum Zwangslizenzeinwand bei Industriestandards,
GRUR-Prax 2013, 162
• Case review, European Court of Justice (EUGH):
Erlass von "Cross-Border"-Verfügung trotz ausschließlicher
Gerichtszuständigkeit, GRUR-Prax 2012, 395
• LG München I macht Lizenzanalogie attraktiver, GRUR-Prax 2011, 341
• Duty to disclose, Patent World, Issue 189, February 2007, pp. 23-25

Go to publications

コンタクト

Thomas Schachl, LL.M.

Tel. +49 (0)89-2102320
Fax +49 (0)89-21949408

schachl@wallinger.de

vCard Download


sfy39587p00