Skip to content

アレクサンダー・シュロッター博士
WRST設立のパートナー弁護士。
工学博士。2004年、2005年以来ドイツ及び欧州弁理士として活躍。


Technical Expertise
ミュンヘン工科大学で機械工学を専攻後、同大学に勤務。
新種のテレロボットの動力・制御・最適化に関する研究で博士号取得。工業製品及び研究プロジェクトに携わる。
Daimler-Chrysler(自動変速機の騒音)Volkswagen(車輪推進駆動の設計)、MAN Roland(印刷機械の振動)の共同研究。
米国、カナダ、日本における会議に出席。

Intellectual Property Expertise
2001年よりIP分野に携わる。ミュンヘンの大手特許事務所を経て2007年にWRSTに弁理士として加わる。

特許の申請準備・獲得・防護や、競争相手の特許への攻撃。また特許戦略へのアドバイスと侵害訴訟の代理を行う。コンピューターインプリメンテーション発明や、メカニスムス・制御・医療技術に関するエキスパート。

言語
ドイツ語、英語

Admissions
ドイツ弁理士
欧州弁理士
欧州商標・意匠弁理士

Memberships
弁理士協会(PAK)
欧州特許庁登録代理人協会(epi)
国際弁理士連盟(FICPII)
知的財産保護国際連盟(AIPPI)
産業保護権専門家連盟(VPP)
ドイツ産業保護・著作権協会(GRUR)
バイエルン弁理士連盟(BayPat)

コンタクト

Dr. Ing. Alexander Schlotter

Tel. +49 (0)89-2102320
Fax +49 (0)89-21949408

schlotter@wallinger.de

vCard Download


sfy39587p00