Skip to content

物理・新材料
WRSTの物理専門家は物理学上の発明に関する高度な専門知識を持ち、他分野の専門家と協力して課題に対処致します。

物理と新材料はエンジニアリング分野、及びその他の自然科学分野と深い関連があります。その為この分野専門の弁理士達は、他分野の弁理士達と連携して作業を進め、個々の課題に対応して行きます。


物理・新材料を扱う弁理士達は、様々な関連科学技術分野に従事し、学術的な業績のみならず、企業・研究所等で研究・開発に直接携わった実績もあります。


彼らはミクロ・ナノテクノロジー、光学、光電子工学、測定技術、合成素材、軽量デザイン、高性能高分子、ケラミック素材、先進機能繊維、管能化表面等を扱うクライアントの科学技術について熟知しております。




従来の特許の構築・保護というサービスに加え、全段階での技術革新サポートや、潜在的に保護可能な部分を考慮しての開発コンセプトの評価、そして特許調査の実施・査定も行っています。\


また予想される保護権侵害や保護権の権利状況の鑑定作成や、裁判の代理を専門的に行っております。

WRSTの弁理士達は、欧州特許局やドイツ連邦裁判所における特殊判例について熟知しており、方向付けとなる重要な判決にも関与してきました。

 

 

Nein

sfy39587p00