Skip to content

ミヒャエル プラツェーダー
物理学の学位を持つ。ドイツ・欧州弁理士として、IT/テレコミニュケーション及び反導体分野の知的財産権部門で、責任者として長年の実務経験を持つ。



Technical Expertise
1988年から1995年までミュンヘンのLudwig-Maximilians大学で固体物理学と理論物理学を専攻。

工業界で以下の技術専門分野に従事。
-ワイヤー無し及びワイヤーで繋がる通信及び接続
-光電子工学、光学ネット
-画像、音響、ビデオ処理
-ユーザーインターフェイス
-モバイル、固定通信装置(ハード及びソフトウェアー)
-チップカード・ディスプレイ・記憶装置技術
-システムアーキテクチャー
-集積回路設計
-製造技術(水/チッププロセス化、パッケージ技術)
-コンピュター ハードウェアー
-ソフトウェアー/コンピュターインプリメント発明

Intellectual Property Expertise
1995年よりIP分野に関わる。特許技術者としてSiemens AG のテレコミュニケーション及びコンピュターの技術部門に従事。その後半導体関連企業に移り、1999年にはスピンオフの Infineon Technologies AG に勤務。

国際的な知的財産権と関わりの深いテレコミュニケーション技術産業界で、知的財産権部門の立ち上げと責任者を長期間務める。
加えてコーポレーション、ライセンス及び契約のマネージメント(100以上のIP契約を扱う)、規格化、イノベーションマネージメントと技術競争の分析を手掛け、最終的にIPと規格化のシニアディレクターとして勤務。

2008年から2012年まで大手特許事務所で数々のハイテクの特許ポートフォリオの構築と防衛、スマートフォーンと携帯電話分野における有名な特許争いに関わる。

2012年よりWRSTに参加。ドイツ国内外のクライアントに対して、IT/電気通信、半導体、物分野を主として、あらゆる特許権に関してアドバイスを提供。侵害訴訟と無効訴訟、特許授与手続き、 戦略的IPマネージメントへの数多くのアドバイス、イノベーション-特許ポートフォリオ、IPの管理、リスクマネージメント、企業内のIPププロセスと構造、IP-取引及び契約、保護権・技術のライセンス化、FuEコーポレーション、M&A, IP デューデリジェンス、一般的な紛争調停を手掛ける。

言語
ドイツ語、英語、フランス語

Admissions
弁理士
欧州弁理士
欧州商標・意匠弁理士


Memberships
弁理士協会(PAK)
欧州特許庁登録代理人協会(epi)
国際弁理士連盟(FICPI)
産業保護権専門家連盟(VPP)
ライセンス協会(LES)

コンタクト

Michael Platzöder

Tel. +49 (0)89-2102320
Fax +49 (0)89-21949408

platzoeder@wallinger.de

vCard Download


sfy39587p00