Skip to content

生命科学
ライフサイエンス分野は世界各国で経済的急成長を遂げています。 この分野では開発に莫大な研究費用を必要としますが、その開発製品は簡単にコピーされてしまう事から、開発製品を包括的に保護権で守る必要があります。

ライフサイエンス分野は世界各国で経済的急成長を遂げています。

この分野では開発に莫大な研究費用を必要としますが、その開発製品は簡単にコピーされてしまう事から、開発製品を包括的に保護権で守る必要があります。

 

ライフサイエンスと呼ばれている生物学・生物化学・生物工学は、生物学的な経過と関連性の研究、及びその技術的使用の可能性を扱っています。

ライフサイエンスに関わる技術は世界的に急成長している産業分野です。

例えばライフサイエンスによる技術は、化学化合物の製造、特に活性製薬成分、医療診断方法、種子の改良、遺伝子組み換え薬学の開発等を可能にしています。

 

この分野での成功には莫大な開発費用を必要としますが、その開発製品は第三者により簡単に複製されがちです。これを回避する為には知的財産権、特に特許権で開発製品や手法を包括的に保護しなくてはなりません。

 

生物学・生物化学・化学分野で博士号を取得し、産業界及び学術界で豊富な経験とキャリアを持つメンバーで構成された学際的チームが、効果的な保護権の構築と維持のサポートを行い、クライアントの科学技術を守ります。

 

私達は特に以下の技術分野において豊富な知識を持っています。 

- 子組み換えタンパク質の製造及び使用。

- 抗体技術

- スクリニング、特にファジディスプレイ

- リボ核酸に基づく技術

- バイオテクノロジによる製造と製作プロセス

- 分子生物的証明方法

- ウィルス性ワクチン

- 的活性タンパク,ペプチドと他の作用物質の化粧品への使用

- 複合品合成物

- 臨床

- 植物種子の改良

- 植物動物の育種

- 細胞組織栽培

- 分子生物学・

世界的規模の大企業、又は中小企業・研究所・大学等が私達のクライアントです。新設企業に対しては一般的な保護権の問題のみならず、戦略に関するアドバイスも行っております。

Nein

sfy39587p00